クサツパイオニアファーム*あおばな栽培

クサツパイオニアファームTOP>あおばな
  

滋賀県草津市では江戸時代から現在まで友禅染めの下絵書きに使用する青色色素を花から取る為にあおばなを栽培しています。
万葉の頃より花弁の大きなツユクサの種を丹念に選抜して今のオオボウシバナ(草津あおばな)に品種改良されたそうです。
昭和の高度成長期、化学染料の開発により、以前のような生産量はなくなっていきました。
最近になって草津あおばなの糖尿病予防食材として働きが期待される様になり、お茶加工用やサプリメント用として栽培が復興されています。
草津のあおばなは昭和56年(1981年)1月に草津市の「市の花」に指定されました。


クサツパイオニアファームでは農薬や化学肥料を使用することなくあおばなを栽培しています。
クサツパイオニアファームのあおばなは花弁の青色があざやかとのこと。
農薬不使用なので、最近では天ぷら、佃煮などの食用にも利用していただいています。


←  あおばなの苗

ポットにひとつずつ
定植  →
生長中
開花
手づみ収穫

お料理用に
機械で収穫

お茶加工用に
あおばなの詳細(外部リンク)

農商工連携
連系企業 青花食研(株)
連携の経緯 青花食研鰍ヘ、最近の研究で草津市の市の花であるツユクサ科の「青花」に食後の血糖値上昇を抑える有効成分が含有されることに着目。農業者である泣Nサツパイオニアファームと野菜や水稲で培った無農薬・有機栽培農法を青花に活用することで合意。両者の連携により、有効成分を多く含む安全・安心な青花の生産供給を可能とし、さらに新規の乾燥技術を駆使することで、青花の葉緑素を残した青花緑色粉末を製造。青花を原料とした新たな商品開発に取り組む。


Copyright © 1999〜 クサツパイオニアファーム All Rights Reserved.
もっとパイオニアファームのことを知りたい方へ ☆?!★クサツパイオニアファーム裏サイト?★?!☆